購入前に確認

キッチン

最近では、通販でも多くの家具を買えるようになりました。もちろん、食器棚やキッチンボードといった大型家具も数多くありますが、せっかく長く使うものですから、出来れば失敗しないものを選びたいですよね。通販で食器棚を購入する際には、必ず注意しなければならないポイントがいくつかあります。まず一つ目が材質です。写真では木目調に見えても、天然木ではなく合板やMDFだったといったケースもありますから、必ず確認が必要です。次に、組み立て家具なのか、完成品なのかも要注意です。食器棚のような大型家具になると、自分でひとりで組み立てるのは難しくなり、時間も手間もかかります。しかも組み立て方によっては仕上がりに差が出てきますので、自信の無い方は組み立て家具は避けた方が無難でしょう。また、梱包・配送サイズも必ず確認しましょう。「いざ配送されてきたら室内に入らず、ドアを外したり、専用の機材が必要になったりして作業工賃が別途かかってしまった」なんてこともあり得ます。自宅前の道路から部屋までの、搬入経路上のサイズをしっかり確認しておきましょう。

食器棚を通販で購入する際には、色や機能性、サイズなどだけでなく、可能であれば「長く使えるかどうか」といった視点も加えて品定めしてみましょう。通販という性質上、なかなかチェックは難しいですが、購入前に業者にメールや電話で確認をとることも可能です。たとえば、同じ材質であっても、表面の仕上げや塗装が異なると耐久性も変わってきます。たとえば鏡面仕上げなどは、比較的高価になりますが、お手入れがしやすく長期間美観を保ちます。また、本体の材質とは別に、引き戸や棚、扉などの内張の材質なども、可能であれば業者に連絡をとって確認してみましょう。表から見えない部分だけに、安価な材質を使われがちですが、重い食器を置くスペースなので、実は相当な耐久力が求められます。MDFなどではなく、できれば無垢材を、合板の場合は耐荷重(何キロまでの重さに耐えられるか)を確認しましょう。